11月16日撮影 夜の富田駅にて その4 DF200-216号機 機回しから-2

それでは本日のもう1本の写真は、11月16日撮影 夜の富田駅にて その4 DF200-216号機 機回しから-2

前回の続きより、前回はDF200-216号機が単機で稲沢から牽いて来たホキ1000の残りを迎えに行くシーンでしたが・・


2019年11月16日撮影 富田にてDF200-216号機入れ替え

写真1枚目は、誘導員さんがDF200-216号機のステップに乗り、残りのホキ1000を牽いて来ましたぁ~。

2019年11月16日撮影 富田にてホキ1000を後撃ち

写真2枚目は、そのホキ1000を後撃ちすると、ここにも誘導員さんが乗っている所を流し撮りです。

2019年11月16日撮影 富田にてホキ1000を押し込む

写真3枚目は、側線から折り返して来たホキ1000の先頭には、写真2枚目の方が誘導しています。

2019年11月16日撮影 富田にてホキ1100を流し撮り

写真4枚目は、ホキ1100を流しての撮影です。ホキ1100の若番ですが、つい最近もホキ1100が新造されて、出場していますね。

2019年11月16日撮影 富田にてホキ1000を押すDF200-216号機

写真5枚目は、DF200-216号機がホキ1000を押して行くシーンですが、ホキのデッキには誘導員さんが乗っていますぅ~(^^)v


・・・DF200-216号機 機回し その3へと続きます・・

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

太平洋セメント、こちらで見かけるのと形が違いますねって言うかホキ1100、デカくてカッコいい!

ホキ1100

あいの風・Ryoさん

こんばんは・・

ホキ1000とホキ1100は、専用タンクにて、三岐鉄道の東藤原と衣浦臨海鉄道の碧南市の間を結ぶ貨物用のタンクです。
既に、衣浦臨海鉄道の碧南市でも撮影していますので、両方とも撮影済みです。(^^)v
ちなみにこのタンクの中身は、碧南市行が炭カルにて、火力発電所にて石炭と一緒に燃やすと熱効率が良いそうです。
又、碧南市から積み出しは、石灰石とありますが、通称フライアッシュ・・石炭を燃やしたカスだそうで、セメントを作る時の原料だそうです。
これを同じタンクで運んでいるわけですが、最近はホキ1100が主力です。
このタンクを見たければ、先ほど書いた区間で1日1往復・・365日動いていますので、是非どうぞ!