4月4日撮影 東塩尻にてE127系の回送をゲット

それでは本日の写真は、チョット間が開きましたが 4月4日撮影 東塩尻にてE127系回送をゲットより

2020年4月4日撮影 辰野線 善知鳥トンネル内のE127系

写真1枚目は、E127系のライトにて、善知鳥トンネルの中が光り輝いしています。

2020年4月4日撮影 辰野線 善知鳥トンネルから顔を出したE127系

写真2枚目は、善知鳥トンネルから顔を出したE127系です。

2020年4月4日撮影 辰野線 E127系回送

写真3枚目は、手前まで引き寄せて・・E127系の「回送」表示が判るかと(^^)v

辰野線にてE127系の回送が見られるのは、中央東線にて「あずさ85号」の運転があり、さらには東線貨物2083レの運転があると、この回送シーンが見られます。

本来は、158M 辰野行にて塩尻駅3番線が空いている時間に、東線貨物2083レが通過するのですが、「あずさ85号」が運転があると、「あずさ85号」塩尻から先は東線貨物2083レのスジにて運転。と言う事で、東線貨物2083レは塩尻大門にて時間調整にて待機中です。
暫くすると、辰野から161Mで塩尻駅へ戻って来たE127系は、再び3番線を空ける為に、直ぐに辰野駅まで回送となります。
辰野駅行が発車した後、3番線が空いた間に、東線貨物2083レが3番線を通って、南松本へと向かいます。
一方、辰野駅まで回送で行ったE127系は、直ぐに辰野駅から折り返してきます。今回の写真は、その辰野駅から折り返して来たところを撮影です。
回送で塩尻駅に着いたE127系は、折り返し160Mにて辰野行に入ります。

と言う事で、この「あずさ85号」が運転があると、辰野線のE127系の乗務員さんは、休む間もなく、辰野⇔塩尻間を3往復します。普段なら、塩尻駅でノンビリ出来る所なのですがねぇ~。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント