11月21日撮影 篠ノ井線8467レ その3-2 坂北俯瞰より その2

それでは本日の写真は、11月21日撮影 篠ノ井線8467レ その3-2 坂北俯瞰より その2

この日の篠ノ井線 8467レ EF64-1034+1022号機の、原色の重単です。

その1にて、坂北駅→坂北駅発車→トンネル出口小川の鉄橋→坂北カーブとUPしましたが、この場所からは続けて俯瞰撮影が出来ます。

2020年11月21日撮影 坂北俯瞰 ストレートを行くEF64重連

写真1枚目は、坂北カーブ先の踏切を過ぎた後のストレート区間を俯瞰です。

2020年11月21日撮影 坂北俯瞰 高速下を行くEF64重連

写真2枚目は、長野道 麻績インターへの取り付け道路の下を行く、篠ノ井線8467レ 原色重連です。

2020年11月21日撮影 坂北俯瞰 聖高原駅に止まる篠ノ井線8467レ

写真3枚目は、聖高原駅に止まる篠ノ井線8467レ EF64原色重連と、手前には長野道です。その横には、長野道 麻績インターが見えています。

2020年11月21日撮影 坂北俯瞰 聖高原駅に止まる篠ノ井線8467レと211系

写真4枚目は、写真3枚目をワイドにして撮ると、長野道が山裾をカーブして行くのが判ります。
又、聖高原駅に止まる篠ノ井線8467レですが、その後ろを1233M 211系が発車して行きます。

2020年11月21日撮影 坂北俯瞰 聖高原駅に止まる篠ノ井線8467レに陽が当たる

写真5枚目は、ようやくこの場所に朝陽が当たったシーンです。篠ノ井線8467レの原色重連が良く判ります。(^^)v

この後は、1004M 383系「WVしなの4号」と交換すると篠ノ井線8467レ EF64重連は発車して行きますが、この日の篠ノ井線8467レの撮影は、ここまでです。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント